普通の人の普通の人による普通の人のためのベスト本

あなたの大切な人に薦めたい本、生涯の1冊は何ですか? 家族友人知人知らない人・・・ありとあらゆるネットワークを駆使して特別有名なわけでもないどこにでもいる普通の人たちのベスト本を聞きだし、ここで公開しています。 私のベスト本もここで紹介させてほしい!という方は気軽にメッセージをください。

『ハリー・ポッターと賢者の石』 小学校の図書室で、なかなか借りられなかった夢の世界の本。




★紹介者
Y、25歳、男、農業




私が紹介する本はハリー・ポッターと賢者の石です。

ハリー・ポッターは映画化もされていて、皆さんご存知だと思いますが、そのシリーズの一番最初の小説です。

私はこの本を小学校の図書室で借りて、読んだのですが、映画化も決まり、人気があり、なかなか借りれなかったのですが、1冊だけ返却されていて、感動してすぐに借りて家に帰って読んだのを今でも覚えてます。

最初に読んで、本当にスラスラと読めるんです。

魔法の世界の学校の話ということで、子供でしたので、キラキラしながら読んだ記憶があります。

主人公のハリー・ポッターが人間世界にいるのですが、魔法世界に行き、ホグワーツ魔法魔術学校に入学して、成長していく物語なんですが、入学するとなり、学校に必要な物を買いに行くのですが、もうワクワクしまくりでした。

次がどうなるんだろう、気になる、もう展開が好きすぎでした。

内容は多く書いてしますと読む方の楽しみが半減するのでここまでで、この本はシリーズがたくさんあり、最初のこの本を読んだら次のシリーズもすぐ読みたいとなり、図書室に借りにすぐ行きました。

それくらい面白いので私にとっては衝撃を受けた思い出の本です。

『失はれる物語』 本当の愛とはなんなのか、今一度考えさせられる作品

失はれる物語 (角川文庫)
乙一
角川書店
2006-06-01



★紹介者
YS27歳、女性、OL



 

この作品とは、まだ愛について深く知らず、知ろうともしなかった20代前半の時に出会いました。
 

収録されている表題作『失はれる物語』は、不意の事故で触覚以外の感覚を失った男性が主人公の物語です。

相手は確かに目の前にいるのに想いを伝え合えないもどかしさ。
そんな状況で恋人や家族を本当に愛するということはどういう事かを考えさせられる作品でした。

ラストはなんだか切なくなります。
大切な相手がいる人にぜひ読んでほしいです。

 


『ガールズ・ブルー』 17歳。あたしたちの前には、長い長い時間がある。それなのに、今しか愛せないものもある。

ガールズ・ブルー (文春文庫)
あさの あつこ
文藝春秋
2006-11-01



★紹介者 
A.M、26歳、女性、専業主婦



あさのあつこさんの作品といえば、バッテリーやザ・マンザイ、NO.6など、幼い少年たちの光るシーンが印象的です。

ガールズ・ブルーはそれと対照的に女子高生が主人公ですが、この少女も作品の中でとてもよく輝いています。

高校時代の私は昔からあさのあつこさんの小説が好きだったのですが、同世代の同性が主人公であるということで、この作品に強く惹かれたのを覚えています。
 

特別大きな事件が起きるわけでもなく、淡々と進む17歳の高校生3人の夏を描いたこの青春小説はあまりに共感する部分が多く、リアルな若い感情が真っ直ぐに描かれていて、まるで主要キャラクターたちの日記を読んでいるような気持ちになりました。
 

それから十数年経った最近読み返してみても、大人になった今だから胸に響く人生の格言に繋がるようなフレーズがたくさんあったので、子どもはもちろん大人にも是非読んでもらいたいです。

『逃げるは恥だが役に立つ』 結婚する勇気を持てないあなたに





★紹介者

S、30歳、女性、福祉職

 


ひとりで生きて来たけれど、三十代にもなると本当にそれでいいのかなんとなく寂しい、でも結婚して誰かと一緒に生活していくなんて想像できない。勇気が出ない…そんな悩める自分にも、大切な人にもおすすめしたい一冊。


主人公みくりは派遣切りにあい、仕事探しの日々。「誰からも必要されないってつらい…」そんな時に紹介された家事代行をするうちに、成り行きで契約結婚という「妻」に就職!?不器用な2人が日々を重ねるうちに本当の夫婦になっていく…。


登場人物は様々ですが、恋のライバル()も含めて悩む理由があるある!って共感できることばかり。笑って、泣いて、読んだ後は少し勇気がもてるような…そんな気持ちになります♪

『ゼロ』 堀江貴文の誤解が解けた本。彼も同じゼロだった。



★紹介者

受付嬢S31歳、女性、会社受付

 

10年前は日本一上司にしたい人ランキング一位が堀江貴文だった。
その頃はただの頭の良いお金持ちとしか思えていなかった。

しくじり先生第一回目の放送を機に不器用なだけの人だという事がわかり本を手にした。
生い立ちや刑務所での事やその後の事が書かれている。

ゼロに小さなイチを足していこうという地道なスタンスを取る努力の人だという事がわかり親近感が湧いた。

つまらないプライドは捨ててどんな時でも前を向いていたいと思えた一冊。

タグクラウド
  • ライブドアブログ