★紹介者
Y、25歳、男、農業




私が紹介する本はハリー・ポッターと賢者の石です。

ハリー・ポッターは映画化もされていて、皆さんご存知だと思いますが、そのシリーズの一番最初の小説です。

私はこの本を小学校の図書室で借りて、読んだのですが、映画化も決まり、人気があり、なかなか借りれなかったのですが、1冊だけ返却されていて、感動してすぐに借りて家に帰って読んだのを今でも覚えてます。

最初に読んで、本当にスラスラと読めるんです。

魔法の世界の学校の話ということで、子供でしたので、キラキラしながら読んだ記憶があります。

主人公のハリー・ポッターが人間世界にいるのですが、魔法世界に行き、ホグワーツ魔法魔術学校に入学して、成長していく物語なんですが、入学するとなり、学校に必要な物を買いに行くのですが、もうワクワクしまくりでした。

次がどうなるんだろう、気になる、もう展開が好きすぎでした。

内容は多く書いてしますと読む方の楽しみが半減するのでここまでで、この本はシリーズがたくさんあり、最初のこの本を読んだら次のシリーズもすぐ読みたいとなり、図書室に借りにすぐ行きました。

それくらい面白いので私にとっては衝撃を受けた思い出の本です。