普通の人の普通の人による普通の人のためのベスト本

あなたの大切な人に薦めたい本、生涯の1冊は何ですか? 家族友人知人知らない人・・・ありとあらゆるネットワークを駆使して特別有名なわけでもないどこにでもいる普通の人たちのベスト本を聞きだし、ここで公開しています。 私のベスト本もここで紹介させてほしい!という方は気軽にメッセージをください。

20代のベスト本

『あなたにも5000万円貯まる信じられない[仕組み]』  堅実路線!お金が増える仕組みは本当にあった!



★紹介者
 T.M、25歳、男性、飲食業


私がオススメしたいのは、 上地明徳さん著『あなたにも5000万円貯まる信じられない[仕組み]』です。


私がこの書籍に出会ったのは昨年2016年の9月です。

私は日本株に1年ほど投資していたのですが、やはりどうしてもスピーディーかつ大きく資産を増やしたいと思っており、短期的で投機的な取引をしがちでした。しかしマイナスは出ていないものの、半年ほど利益は全く出ておらず行き詰まっていました。

そんな時この書籍を読むことで考え方、投資スタンスというものが大きく変わりました。


私は投資イコール日本の株と思っていました。無知ですね。
しかし投資には様々あり株はその中の手段の1つに過ぎなかったのです。要は資産が増えれば手段はなんでもいいということです。そしてその方法をこの1冊に教えてもらいました。

上地さんが言いたいのは、資産が増える仕組みがあるからそれを活用すれば資産は増えていくよ、損する方が難しいよ、ということです。考え方・スタンスさえしっかりしていれば難しい知識はいりませんでした。

具体的な内容には触れませんが、5000万円とも1億円とも言われる老後資金を準備する手段を教えてくれます。そしてその中でその他の投資にも役立つ考え方・スタンスを顕示してくれています。


世の中には何を選べばよいかわからないほどの書籍、情報があります。
そんな中でこの書籍に出会えた私は幸せ者ですし、すでに実践し、効果も実感しています。

ぜひたくさんの方に読んでいただきたい1冊です。

『神様にお任せで勝手にお金が流れ込む本』 私はこの本で楽しくお金儲け始めました。



★紹介者

M、29歳、女性、接客業


社会人になって数年

なかなか自分の思い描く大人になれず

どうすれば良いのか分からなくなっていた私に

「好きなことをしていい」

これは最高の言葉でした

 

子供の頃からのびのびと育てられた

ゆとり世代の私にとっては

特に受け入れやすい言葉だったのかもしれませんが(笑)

真面目すぎる人ほど読んでほしい

そんな一冊です

 

購入したとき

私自身転職で迷っていたときなので

本当にこの本に励まされました

 

今も仕事で人間関係で悪戦苦闘しています

でも、その傍ら

疲れたから家でゴロゴロの休日を

自分がしたいことのための時間を大切にできるようになり

今では好きなことで副業を始めました

この本のおかげで人生に希望が見えました

 

「こんな事はお金にならない」と思うようなことでも

初めてみると意外と自分にできることが広がっていきます

 

この時代に生まれたこと

後悔する前に

一度読んでみてください

きっと何か見えてくると思います(*^^*)

『フラワーオブライフ』 笑いと感動がさわやかにくるコメディ青春物語。




★紹介者
M
N24歳、女性、声優

私は高校生の時に演劇部に入っていたのですが、部室にはなぜかたくさんの漫画がありましたw

その中でも、私がずっと読んでいて大好きだったものが、よしながふみさんが描かれた「フラワーオブライフ」という作品です。

 
フラワーオブライフとは、「人生の最盛期」という意味。
この物語の主人公は、白血病を乗り越えた花園春太郎という少年です。

これだけ聞くと重い物語のように感じますが、実はコメディ漫画で、ほかにも教師同士の不倫や教師と生徒の禁断の恋愛、自己主張ができなかった内気な少年が漫画を描くことを通して心が強くなったり、はたまた文化祭でガチオタクな美形少年が主演を演じたり…たくさんのテーマや物語が交錯してとても盛りだくさんなものになってます。

全四巻。

『暇と退屈の倫理学』 バラいっぱいの生活を貴方に。


暇と退屈の倫理学
國分 功一郎
朝日出版社
2011-10-18



★紹介者

S.A、23才女性塾講師

 

 倫理学、というタイトルがついてしまうと、難しそうに感じますし、なんと厚みが3センチ程もある本で、一見とっつにくいと思われてしまいそうですが、中身は「私たちの人生」に関わることついて書かれており、開けばたちまち興味の赴くままにページをめくってしまうことでしょう。

 

難しい哲学者の名前も出てきますが、その点は初見でも分かる様にきちんと説明がついており、知らなくても読み進めることができます。また、著名な哲学者たちも私たちと同じ様なことで悩んでいたのかと発見することもできます。

 

人間とは動物と違ってどんな生き物なのでしょうか。

そして、私たちが感じる「幸福」の正体はなんなのでしょうか。その意味を、國分氏は解き明かそうとしてくれます。

 

まずは哲学の入門に。そしてあなたのより豊かな貴方の人生のために。

この本をお勧めします。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 何気なく読んでみたら、不意打ちでした。




★紹介者
M.S
21歳、女性、大学生

 

一時期話題になって本屋さんでもあちこち見かけるようになったんですけど正直話題になっている本ってあんまり読む気がしないし、これお涙頂戴な恋愛ストーリ―なんだろうなーと思って読んでいなかったんですよね。というかタイトルがもうネタバレな感じでもはや読んでしまった気分になっているというか。笑

 

でもある日、電車に2時間くらい乗っていなくちゃいけない時に「あ、暇つぶし用の本忘れた!」と思ってサッと本屋さんに立ち寄って、パッと見てあったのがこの本でした。思わず買ってしまって読んでいたんですが、最初は「駅名とか地名とか細かく出てきてリアリティあるな」と思ってただ軽く読んでいました。

 

女の子の口調とかも「~なの」「~するわ」みたいなのじゃなくて、その辺にいそうな話し方で現実味を感じました。

 

終盤になってくるにつれて段々と真相が明らかになってきて「そういうことだったの⁉」と思わず驚いてしまいました(タイトルがほぼネタバレだったにも関わらず)。

 

最後は胸が詰まる思いで一気に読んでしまって、思わず前半部分を読み返してほうほうと納得するようなお話でした。彼氏が興味を持ったりしないかなーとさりげなく近くに置いてみたりしています。

タグクラウド
  • ライブドアブログ